Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

Violence Fat 曲&歌詞解説

また奇をてらった曲だ(笑)。今度はスカだよ。勘弁してくれ(笑)。BRAHMANの“THE SAME”に思い切りインスパイアされた部分があるね。俺がやってるのはエクストリームメタルだけど、BRAHMANには大分影響受けてるね。

この曲を作った時期にちょうど相撲業界でまた不祥事が起きてね、あのヴァイオレンスなファットどもをディスってネタにした曲にしようとしたのさ。昔から相撲は嫌いなんだよ。封建体制のごっつぁん体制が大嫌いでね、兄弟子の命令は絶対、兄弟子が機嫌を損ねたらビール瓶で頭を殴られ、顔面に丸太を落とされる。暴力が肯定され殺人すらも合法化され、かわいがりという名目のリンチ、レイプが横行する。野球賭博にマリファナ、八百長まで、これのどこが国技だよ。聞いて呆れるぜ!

所々で聴けるヘヴィなブレイクダウンはスモウレスラーのファットな重さを再現したものさ。ギターソロはペンタトニックだけど、ブルージーさは放棄して演歌、歌謡曲風のダサいオルタナ風でお気に入りだね。相撲は和だから、和のフレーズさ。そしてラストは似非レゲエになる。実にふざけてるよね(笑)。曲調が物語っているけど、本気の憎悪と言うよりは皮肉、ユーモアとして笑い飛ばす感じだね。

ストレートなヘイト&アンガーも俺のスタイルだけど、こういう毒のあるユーモアナンバーも持ち味にして行きたいね。「ザ・シンプソンズ」や「サウスパーク」に影響を受けたからな。怒ってばかりが人生じゃないぜ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly