Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

Screaming of Revolution 曲&歌詞解説

激情ハードコアとオールドスクールハードコア、メロコアを足して3で割ったような曲で、最初期に作った「Fucking Cop」以来久々に本格的なパンク、ハードコアをやりたくなって、改めて今のスキルで作ってみたのさ。Fucking Copは作曲を始めて間も無い頃に作った曲で、意図的に3コードのみで完成させたんだけど、今回はもっと複雑な曲構成にしたのさ。成長したからね。

激情ハードコアパートは日本のEnvyとかを意識したけど、この手のジャンルでよくあるポエトリーリーディングは苦手と言うか嫌いなんで、ちゃんと絶叫してるぜ。普段のデスメタル然としたグロウル、スクリームじゃなくて、嘆き叫ぶような生々しいシャウトだね。ハードコアに疾走して、サビはメロコアらしい青臭い叙情性を持ったリフがエモさを演出するぜ。パンクらしい調子っ外れ感のあるリードギターもお気に入りさ。


歌詞はまさしく今この国で起きている事さ。腐敗の頂点を極めた悪の政権にNOを突き付けるためにデモをしている虐げられた弱者の叫びだ。不祥事や身内のレイプ、国家ぐるみの詐欺を揉み消し、恐怖を煽って消費させ、戦争への地均しとして人種差別やヘイトを合法化する。日本はいつからこんなにも腐った3流劣等国家に成り下がっちまったんだ。全部安倍のせいだ!ふざけるなクソ悪党め!さっさと総理大臣を辞任して逮捕されちまえってんだ!

だが俺は右は勿論の事、行き過ぎた左寄りの連中も信用していない。デモをする目的を履き違え、ファッションでデモをしている連中も多いんじゃないのか?反安倍ってだけで朝日新聞、野党、共産党、胡散臭いカルト連中を弱者の味方だと思ってしまっているんじゃないのか?

以前に作った「The Game」の歌詞で「現実には悪しか存在しない 悪を打ち倒すのは正義なんかじゃない もう一つの悪だ」と書いたが、安倍、与党を憎むあまり信じてはいけない連中を信じてしまってやしないか?そして逆に、マスコミ(朝日新聞)が憎くて仕方が無いオタク達はその反動で安倍を支持してしまってやしないか?結局は悪しかいないのが世の中だぜ。その悪が「多少はマシな悪」か、「俺達の暮らしを滅茶苦茶に破壊する大悪党」かの違いでしか無いのさ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly