Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

The Human Centipede 曲&歌詞解説


これまでにもシリアスな曲だけじゃなくてネタっぽい曲も多くやって来たけど、この曲がある意味最もネタな感じだね。いよいよこれをやったかって感じだよ。聴いたら一発で判るだろうけど、Dir en greyの有名曲「残」のパロディー、トリビュートソングさ(笑)。イントロの呻き声、その後のギターのキメ、「ヴァイヤイヤイヤイヤ~」というシャウトと実にそのまんまだよ。「デストラップ!」とかモロに言ってるしさ(笑)。

 

だがこの曲は単純にDir en greyオマージュってだけじゃなくて、実は黒夢の「親愛なるデスマスク」のオマージュでもあるのさ。

 

90年代のヴィジュアル系バンドはポップス志向だろうと、叙情派だろうと何だろうと皆必ずと言っていい程「親愛なるデスマスク」のオマージュをやっていたんだ。クサメタラーに大人気だったRaphaelでさえも「人間不信」って曲がまんま「親愛なるデスマスク」だった位だからね。「親愛なるデスマスク」のオマージュは当時のV系バンドは絶対にやらなければならなかった。90年代の格闘ゲームがジャンプネタに溢れていたのと同様に、昭和のレトロアクションゲームの6面前後が大体地面が滑る氷の面なのと同様に、90年代V系バンドは「親愛なるデスマスク」のパクリを最低1曲はやらなければならない時代だったのさ。ヴィジュアル刑法69条にそう記されてあったからね(笑)。

 

Dir en greyの「残」も元はそういうV系マナーに則って作られた「親愛なるデスマスク」オマージュだったけど、今度はDir en greyのパクリバンドが滅茶苦茶増えた時期がつい最近まで続いていたのさ。V系でラウド、エクストリーム路線やるバンドは皆揃ってDirのコピーみたいな曲ばかりやってて、ガゼットとかサディとか、その他モロモロどのバンドも皆Dirの物真似をしていたのさ。

 

Dirのシンガー、京がハイピッチで歌うようになればその他のバンドもそれを真似し、ホイッスルボイスや本格的なガテラルをやれば皆それを真似する。「もし京がロブ・ハルフォードみたいに歌うようになれば皆そうするのか!」とか思ってたよ(笑)。

 

だけど最近のV系メタルコア勢はDirの影響よりも、普通に海外のメタルコア、デスコアに影響を受けるようになり、それ自体は良いんだけどどうもサビが皆揃ってつまらなくてね・・・!演奏技術は昔とは比べ物にならない位向上したけど、肝心のサビが揃いも揃ってワンパターンでつまらん、ありがちなポップ&キャッチーメロで本当に最悪だよ。

 

逆に昔のバンドはポップ&キャッチーでも今風の薄っぺらいチャラさが無い、本当にキャッチーなメロディーを聴かせてくれるんで今でも普通に楽しめるね。

 

俺が今更ながら「残」や「親愛なるデスマスク」オマージュをやったのはそういうメッセージを曲に込めたからだよ。90~2000年代の頃のような、キャッチーでもチャラく無くてまだ聴けるメロディーをやっていたバンド達がいた時代へのラブコールみたいな感じさ。俺はメタラーなんでV系はあくまでもつまみ食いする程度だけど、RaphaelやMALICE MIZERは今もフェイバリッドさ。


歌詞は何年か前に一部のゲテモノ映画好きの間で話題を呼んだ「ムカデ人間」を題材にしているけど、ただ単に映画の内容をなぞった歌詞では無く、口とケツを繋げるムカデ人間というモチーフだけ頂いて、所謂「意識高い系」とか呼ばれている連中を皮肉ったものだ。

 

ヤンキー風のオラついた連中がどこでそんな知識を仕入れたのか、文化人気取りでしゃしゃり出て調子こいて人の揚げ足とっていい気になる。オタク系の連中でもどこかで何か揉め事や討論があったりするとしゃしゃり出てマウント取って自分が中心になって調子こく。そして人脈アピールで大勢を纏めて大物を気取る馬鹿がどこの世界にもいるよな(爆)。そういう自分アピールの激しい偽善的かまってちゃんに対するヘイトを込めたのさ。

 

アメリカで言う所のジョック・・・では無くチアリーダーの女王みたいな連中。いつも取り巻きがいて流行、文化の中心はいつも自分。心にも無い環境問題アピールで自分を良い人間に見せようとするお高く止まった連中。あいつ等絶対駄菓子、ジャンクフードとか食わないし、映画秘宝がオススメするようなボンクラ映画とか観ないし、B級ジャーマンとか南米のヘナチョコクサレメタルとか死体ジャケの血みどろゴアグラインドとか聴かないだろうな(笑)。俺達意識低い人間は楽でいいぜ。これからは意識の低い時代だ!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly