Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

Fuck You! Main Stream Sell Out Alternative Pops 曲&歌詞解説


ハモンド入りの70年代ハードロック、サイケデリックロック要素を取り入れたデスメタルだ。実は去年からハモンド入りの曲をやりたいと思っていたからね。シンセやメロディーの使い方が判ってきた今このタイミングで作ってみたんだけど、ハモンドだけだとどうにも物足り無くて、結局バンジョーも取り入れてカントリーテイストも無理矢理放り込んだ感じだね。NO ONE GETS OUT ALIVEの存在を思い出したのさ。なかなかに上手くいったと思うよ。

ちなみにハモンドを取り入れたのはジョン・ロードへのリスペクトだ。やってる音楽はデスメタル、エクストリームメタルだけど、俺のロックのルーツは70年代ハードロックだからね。DEEP PURPLE、RAINBOW、SCORPIONS、QUEENとかが俺のルーツさ。


曲名の時点で思い切りストレートに表されてるけど、歌詞はチャラチャラした演奏の下手糞な売れ線オルタナ系をディスったものだ。メタルファンから蛇蝎の如く忌み嫌われている、所謂ロキノンと呼ばれている連中の事だ。

少し前にKEYTALKとか言うJ-ROCKバンドが古着とのコラボか何かで、あろう事かオジー・オズボーンやローリング・ストーンズ等のTシャツに無許可でテメェ等のロゴを上から被せて調子こいて売るというクソみたいな商売をして、洋楽ロック、メタルファンの怒りを買い大炎上した事件があったんだよ。歌詞はその時に思い付いたのさ。

メタルヘッズなら大して弾けない、下手糞で薄っぺらい売れ線な上に常日頃からメタルを見下して馬鹿にしているロキノン、オルタナ連中に嫌気が差してるだろうけど、この曲はそんな怒れるメタルヘッズのために作ったような曲だね。俺も例に漏れずそういう軟弱売れ線オルタナポップスが嫌いなんだ。

ラウド系と呼ばれているJ-ROCK界隈のバンドもヘヴィだけど、実質メタルでは無い音楽性で最近のバンドは特にチャラい雰囲気が強くて好きになれないね。だけど昔は今ほどチャラくなくて、キャッチーだけど嫌味の無いバンドが多くてそういう曲はつまみ食い程度には聴いていた時期があったね。マキシマム ザ ホルモンは俺も影響受けてるし、THE BACK HORNなんか男臭さ、無骨さがあって嫌いじゃないぜ。

だけどこの辺のラウド勢はバンドはともかく、ファンがとにかくガラが悪くて今はもうなるべく関わりたくは無いね。メタルと比べて年齢層が低い分マナーもダメなら態度も悪い、半端に過激ぶってワルな自分に酔ってる連中さ。そういうツーステップ命のイキリ小僧がライヴの際にダイヴ、モッシュで他人に迷惑かけて問題を起こしてやがるんだ。やっぱ人間30過ぎるとそういうノリからは距離を置くよね(笑)。ヘヴィメタルはそんな30過ぎのオッサンが聴く音楽さ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly