Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

Hate School 曲&歌詞解説

ここ最近の俺の作風として王道な感じの、変拍子ヘヴィリフ&クラシカルでクサいシンセ入りのエクストリームメタルだけど、サンプリングのアコースティックギターや民族音楽っぽい要素も導入して面白い仕上がりになった曲だよ。実は最初はアコーディオンでタンゴ、ポルカ要素入りブルデスをやろうと思ったんだけど、イマイチピンと来ない仕上がりになっちゃって、結局シンセの音を変えて作り直したのさ。中盤以降のシンセにタンゴ風にしたかった名残りが見られるね(笑)。

歌詞は学校教育とかぬかす洗脳、欺瞞についての怒りだ。俺は昔から学校教育を嫌悪していて、教師とか呼ばれるエゴイストの独裁者どもに心底ムカついていたんだけど、最近はどうやら連中の間で真夏の過酷な環境で子供達を拷問、虐待して苦しめるのが流行っているらしいね。カネが勿体無いから、学校とは苦しむための場だからクーラー入れない、水も飲ませない、休ませない、倒れても死ぬまで放置、死んだら自己責任なんて頭おかしいだろ!ふざけんな!

 

運動部とかいう現代の拷問も相変わらず酷く、つい最近じゃ熱中症にかかった生徒を仮病だと決めつけ殴る蹴るでリンチして殺したのに無罪放免になるという最低最悪の猟奇殺人事件があったじゃねぇか!クソが!貴様等に意味も無く苦しめられ命を奪われた被害者とその遺族の怒り、嘆き、苦しみなんざ考えた事もねぇんだろうなサイコパスどもが!

学校教育とは子供に知識を与えるためのものでは無く、子供達を苦しめ無意味で不毛な時間を無理矢理消耗させる事でブラック企業に疑問を抱かない木偶を量産するための洗脳、陰謀だっていうのは何度も口にしているけど、これは真実だからね。学校は子供の個性、自主性を破壊してサル化させるためにあるのさ。英語教育を見ても判るだろ?連中は子供に英語を教える気なんて一切無い。わざと滅茶苦茶で難解な、役に立たない無意味な教え方をして英語に対して苦手意識を植え付け、海外に逃げ出せないようにしているのさ。

しかも最近の教科書はまるでナチスのように権力者、支配者層への忠誠心を植え付けようとしたり、道徳も洗脳の道具にしたり、「報酬なんかいりません、働ける事が幸せです」みたいな滅茶苦茶な思想を刷り込んでブラック企業の奴隷をさらに大量生産しようとしてやがる。どこまで腐ってやがるんだ!子を持つ親よ、子供を死なせたくなかったら、戦争のコマにしたくなかったら学校なんざに通わせるな!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly