Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

ProjectA & Police Story(Death Metal Cover) 曲解説


先のタートルズカヴァーに続いてまたしてもカヴァー、しかも2曲同時公開さ。このままカヴァー野郎になっちまうんじゃないかって不安なキッズも多いだろうが、安心してくれ。俺の本業はあくまでもオリジナルソングさ。それにカヴァーも俺が本当にやりたい曲であって、よくある金儲けや売名のためじゃないからね。

 

何てったってジャッキー・チェンだぜ!かつてはツェッペリン派かパープル派か、死霊のはらわた派か悪魔のいけにえ派か、マーベルコミック派かDCコミック派かで分かれるように、ブルース・リー派かジャッキー・チェン派かで分かれたのも昔の話、ジェット・リーやドニー・イェン、トニー・ジャー等カンフーアクションの大物は沢山いるし、若手でも身体能力の高いアクション俳優はかなりいるからね。ちなみに俺は実はブルース・リー派だったりするんだが(笑)、ジャッキー・チェンも同じくらい好きさ。

 

ジャッキー映画は何だかんだで全部観ているからな。初期の拳シリーズはやっぱ蛇拳や酔拳、少林寺木人拳も大好きだし、ラッシュアワー以降のバディーモノも何だかんだで好きだが、やはりジャッキー・チェンと言えば今回カヴァーしたプロジェクトAとポリス・ストーリーだろうね。特に後者はもう100回位は観てるんじゃないだろうか(笑)。主題歌が最も有名なのもこの2作だ。日本人ならそらで歌える人も多い、広東語の曲で最も有名な2曲と言っても過言じゃないね。俺も例によって例の如く、中坊時代に何とか覚えて歌おうとしたもんさ(笑)。

 

ジャッキー映画と言えばコミカルさと共にその軽快かつ高い身体能力のアクションで、ガキの頃はジャッキー映画を観た後は皆そうだと思うが、思わず自分まで身体能力高くなったような気分になって、無駄にピョンピョン飛び跳ねたりとかしてたもんさ(笑)。

 

童貞を捨てたりとか、酒の味が判る様になったりとか、株に手を出したりとかで、自分が「大人になったな」と思う瞬間は多々あるだろうが、俺はジャッキー映画を観てもガキの頃みたいに身体能力高くなった気分で無駄にピョンピョン飛び跳ねたりしなくなった時だね。成長なのかも知れないけど、同時に悲しかったね。「もうあの頃には戻れないのか・・・!」なんて無駄にたそがれたりしたモンさ(笑)。これが大人になるって事だね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly