Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· コラム

Poupee De Cire, Poupee De Son (Death Metal Cover) 曲解説

 


フレンチポップスの大御所、フランス・ギャルを代表する有名曲さ。「夢見るシャンソン人形」の邦題でも知られており、DEEP PURPLEの「Smoke on the Water」やEUROPEの「The Final Countdown」並に有名な曲で、フランス・ギャルは知らなくてもこの曲を知っている人は相当に多いだろうね。THERIONがカヴァーした事でメタラーの間でも有名だと思うが、俺のカヴァーも多少は話題になって欲しいね(笑)。ゴリゴリのデスメタルだけど、シンセが北欧っぽさを漂わせててクールだ。

 

ソングライティングにもそこそこ慣れてきたんで、今年(2018年)からはオリジナル曲だけじゃなくて、自分が本当に好きな曲のカヴァーもちょくちょくやりたいと去年の暮れ辺りから考えててね・・・。この曲は一番最初にやろうと思った曲で、カヴァー曲として一番最初に公開したスターバタフライよりも先に出来たんだけど、アレンジしてるまさにその最中にフランス・ギャルの訃報が入り、奇しくもトリビュートの色合いを強く帯びるようになったのさ。だけど俺のアレンジはデスメタルだからね(笑)。不謹慎だと思って今日まで寝かせておいたのさ。

 

フランス・ギャルに限らず2018年は数多くのミュージシャンの訃報が続いて「今年はミュージシャンが死ぬ年か!」と嘆いたんだが、その後は腐敗政府の悪事が明るみに出て、それと同時に日本がこれまで以上に差別、憎悪、悪意に包まれた最悪の年になりそうでまったく嫌な気分さ。

 

話がズレちまったが、フランス・ギャルの本当のキラーチューンは「Poupee De Cire, Poupee De Son」じゃなくて「Polichinelle」さ。チェンバロ、ストリングスが様式美系のクサさを発散する、クサメタラーにとって理想の曲だ。だけどこの曲はカヴァーしたいとは思わないね。デスメタルアレンジじゃなくて、普通にメロスピ、クサメタルなアレンジで聴きたいね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly