Return to site

Mr.Gideon’s Blog

主に自作曲の歌詞やコラム等を更新します

· 歌詞

Who Will Watch The Watchmen? 歌詞

Super Hero
Is not because wearing a costume
It is not because there is Superpower
It is about those who fight to make the world better
But please think about it.
What if superheroes actually exist?

Adventurer of mask Dark Knight Man of Steel
Fight crime with Superpower
Full body tights wearing a cape
What will happen if it actually exists?

The media chasing after money and figures
Make a profit in the news Heroes are celebrities
Athletes will be worthless training becomes meaningless

The government tries to use a hero
Lie that save the nation while citizens are attacked
It is caused to raid a bad enemy of convenience
Super power is studied military use

The police are deprived of work and boycotted
Hero activities become illegal
Activity is a crime to protect citizens from crime

Criminals get more extreme shoot the RPG in the city
Army makes a lot of money

Super hero is not universal either
While fighting crime
Crime takes place in a different city

Hated while being grateful
The bereaved family will be a villain due to revenge
The presence of a super hero produce a crime

As if Santa Claus existed
At first everyone would cheer
But I am afraid at the bottom of my heart
To the fact that we became "second"

The most fearable thing is that heroes will notice
"Citizens are scums worthless to protect"

Acts that had been thought to be correct is illegal
The policeman attacks when rescuing citizens
It is abused by the media and the people

The forces towards crime are directed
Toward the people and the country
At that time we think like this

"Who Will Watch The Watchmen?"

スーパーヒーロー それはコスチュームを着ているとか
スーパーパワーがあるからじゃない
世の中をより良くしようと闘う者の事を言う
だが 考えてみてくれ
もし現実にそんなスーパーヒーローがいたらどうなる?

覆面の冒険者 闇の騎士 鋼鉄の男
スーパーパワーを駆使して犯罪と戦う
ケープを纏った全身タイツ野郎が
実際に存在したらどうなるってんだ?

マスコミどもはカネと数字のために追い回し
過剰報道で利益を上げる ヒーロー達はたちまちセレブだ
アスリート達は無価値となり 鍛錬の意義を見出せなくなるだろう

政府はヒーローの首に縄を付け利用しようとする
国家を救うという詭弁で 市民が襲われている間に
政府にとって都合の悪い敵国を襲撃させられるのさ
さらに 科学の分野でもヒーローの能力は研究され
軍事利用されるだろう

警察は仕事が奪われたと言い出しボイコットだ
やがてヒーロー活動は違法になっちまう
街を守り 犯罪から市民を守る活動が犯罪になるのさ

犯罪者たちはより過激に 危険な存在になっていく
街中でRPGを平気でブチかまし 軍隊は大儲けさ

スーパーヒーローも万能じゃない
ある街で犯罪と闘い 市民を救っている間に
別の街で別の犯罪が起こり 別の被害者が生まれてしまう

助けた人間に感謝されるのと同時に
助けられなかった被害者の家族に憎まれる
やがて 遺族が復讐のためヴィランとなるだろう
スーパーヒーローの存在が犯罪を生むのさ

サンタクロースが実在したかのように
最初は誰もが喝采する
だが 心の底では恐れているのさ
自分達が「2番目」になっちまった事実に

だが 俺達が最も恐れなきゃならないのは
スーパーヒーローが気付いてしまう事だ
「市民なんざ守る価値の無いクズだ」という事に

正しいと思っていた行為は国によって違法とされ
市民を救っても警官が攻撃してくる
マスコミには叩かれ 助けたハズの民衆にも罵倒される

やがて 犯罪に向かっていた恐るべき力は
民衆に そして国家に向けられる
その時 俺達はこう思うのさ

「誰が見張りを見張るんだ?」

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly